住宅ローン

住宅ローン借入後の離婚騒動

離婚する夫婦

 

住宅ローンの借入後、ゴールまで何十年間もかかることがあるので予測不可能な事態が出迎えているかも知れません。

 

あまり考えたくないことですが、離婚するケースも・・・。

 

住宅ローンの借入後、残念ながら離婚せざるをえない状況に陥ってしまったら、一体どう対応すれば良いのでしょうか。

 

 

一般的に、住まいの為の借入をまだ返し終えていない場合、夫と妻のプラスの財産からマイナスのもの・・・借入分を差し引いた分が財産分与の対象とされます。

 

つまり、別れた時の住まいの価値から残っている借入分を差し引き、残高の方が多ければ財産分与の対象とはみなされません。

 

 

逆に「住まいの現在価値>ローン残高」の図式が成立する場合、2人で分けなければなりませんから分割割合を考えなければなりません。

 

住まいを売る時にはお金がかかりますから、そういった諸費用に関しても負担割合を決めなければなりません。

 

 

ちなみに、最近は夫と妻が共有名義でペアローンを組むケースも増えていますが、売却時にトラブルになることも少なくありませんからご注意下さい。

 

離婚トラブル以外にも、相手が音信不通になってしまった場合、死亡した場合に手続きが難しくなります。

 

 

しかもペアローンの契約ではお互いが連帯保証人になるわけですから、別れた場合や行方が分からなくなった場合、相手の返済分も負担しなければなりません。

 

別居、離婚しているのにパートナーが返済を滞納してしまい、返済義務を負わされた・・・なんてエピソードも増えています。