住宅ローンの審査基準

住宅ローンの審査基準について知ろう

住宅ローンの審査基準

 

住宅ローンを利用してマイホームを購入するのでしたら審査基準を知っておいた方がいいでしょう。

 

住宅ローン会社によって多少基準に違いがありますが、基本的にローンを組む本人と物件を審査することになります。

 

本人に対する審査は主に健康状態、年収、借金の有無、勤続年数や個人の信用が重視されることになるのです。

 

健康状態に関しては医師の診断書を提出しなければいけないこともあります。

 

健康に問題があると長いローンを支払えなくなるリスクがあるため実は結構重視される項目です。

 

 

そして年収ですが申込する方の年齢や勤続年数なども考慮されます。

 

年収が少なくてもまだ若い方の場合は多少有利です。

 

借金の有無ですが、今現在借金があると審査に落とされるというわけではありませんが借入額が少なくなることはあります。

 

クレジットカードでの借り入れや車のローンなどがある方は全て返済してから借り入れをするようにしましょう。

 

また今現在借り入れをしていなくてもカードローンの契約をしているだけで借り入れをしているのと同じとみなされますので解約をすることをおすすめします。

 

また個人の信用ですが、信用情報のデーターベースを主に参考にします。

 

過去に借金を踏み倒したことがあったり煙台したことのある方はかなり不利になりますが、ブラック情報はいずれは消えますので期間が経過してから再び審査をしましょう。

 

あとは物件の価値も審査基準です、万が一返済できなかった時は物件で清算しますので新築でなければローンの組めないなどの基準がある場合があります。

 

住宅ローンを使いたい場合はこのことも考えて物件選びをしましょう。